CHILD’S-MARKET子どもマーケット

 少子高齢化とはいえ、幼児から大学生までの「子どもマーケット」はおよそ2,500万人という大市場であり、彼らの“サイフ”となる周囲の大人たちを含めると、さらに巨大なマーケットとなります。また、若い年齢からのブランドイメージの植え付けは、“一生もの”となることもあり、そうした点でも重要なターゲットといえます。
 当社は60年以上にわたり、子どもや若者を主ターゲットとする出版社の広告販促業務を担当する中で、
多くの実績とそれに基づく独自のノウハウを蓄積し、それを様々な業種の企業様にご利用いただいています。

 子どもたち本人はもちろん、周囲のさまざまな関係者を含めた多様なコミュニケーションポイントをとらえるために、広告や販促活動を組み合わせて立体的な展開を行います。

当社が運営などのサポートをしている活動の一例

新入学おめでとう大会

新入学おめでとう大会

 雑誌「小学一年生」の販売促進と新一年生の生活指導を目的に、小学校入学を控えた児童と保護者を対象として、1957年から毎年、全国各地で行われるイベントです。

おはなし玉手箱

 第一線で活躍する声優による、「読み聞かせコンサート」です。 幼稚園や公共施設、ショッピングセンターなどで、キャラバン形式で実施しています。   詳しくは

ちゃおサマーフェスティバル

ちゃおサマーフェスティバル

 少女向け雑誌「ちゃお」の読者サービスの一環として、2000年から毎年夏に開催され、女子小学生を中心とした数万人が来場するビッグイベントです。
  詳しくは

ジュニア スポーツ ドリーム チャレンジ

ジュニア スポーツ ドリーム チャレンジ

 子どもたちが様々なスポーツにチャレンジする機会を提供し、自分に合ったスポーツや楽しさを発見するためのイベントです。各種目の著名な選手の指導や、ワークショップ、プロの講演、保護者向けのセミナーなどで構成。2014年から3回実施しています。
  

高校生のための文化講演会

高校生のための文化講演会

 高校生の読書推進活動の一環として、1966年から毎年、全国70〜80校の高校で、作家、研究者、漫画家などを招いて開催される講演会です。  詳しくは

全国高校生読書体験記コンクール

全国高校生読書体験記コンクール

 高校生に向けた文芸啓蒙活動の一環として、1981年から続いている文化事業で、毎年10万人以上の高校生の応募があります。
  詳しくは

メッセージカードコンテスト

メッセージカードコンテスト

 東日本大震災の被災地の小中高校生の読書環境支援のために、本を読んだ感想や印象をハガキサイズのカードに文字や絵で表現した「メッセージカード」のコンテストを、被災地3県の新聞社の主催で行っています。

子どもマーケット向けの広告メディア

 子どもを対象にしたさまざまなメディアのご提案、雑誌編集部とのタイアップ企画など、お気軽にご相談ください。

●小学館の子ども向け雑誌媒体
 ベビーブック、めばえ、幼稚園、小学一年生、小学八年生、ちゃお、コロコロコミック 他
●白泉社の子ども向け雑誌媒体 kodomoe
●高校生向け媒体 F-NOTE
●幼稚園・保育園・小学校・学習塾・レジャー施設・小児科医などでのサンプリング
●教師向け雑誌媒体
 小一教育技術(以下、各学年ごと)、総合教育技術、幼児と保育 他
●母親向け紙媒体 edu、あんふぁん 他
●子どもマーケット向け各種web媒体

この他、多彩なメディアのご提案が可能です。